予防のためにも歯周病治療を行ってお口の健康を保とう

断面図

歯科検診へ移行

歯科

お口の健康を維持することは、毎日を笑顔で生活するためにとても大切です。なぜなら、ものを食べるといった行為から、口臭のなやみ、歯の悩みなど、お口の健康は日々の生活に直結してくるからです。歯を守ることは長生きにも影響することはよく知られています。こうした理由から、歯周病に関心を持つことはとても重要なことであると考えられます。

歯周病とは最近の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。歯みがきの磨き残しがあると、歯垢の蓄積などによって細菌が停滞し、歯肉の周辺が炎症を帯びて赤くなったり、腫れたりします。それが進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台が溶けて歯が動くようになり、最後は歯が抜けてしまうことになってしまいます。

このような歯周病は、現在では、予防や治療が可能になっています。自宅で行う歯周病治療の方法としては、歯ブラシのほかにデンタルフロスを使うことや、殺菌作用のある歯磨き粉を使うことなどが挙げられます。近年では歯周病治療の製品が充実しているため、薬局へ行くと様々な製品を目にすることができるでしょう。また、神奈川にもおおくの歯科クリニックがあるため、そこで歯周病の治療をすることもできます。検診などで、初期段階の状態で歯周病を発見することができれば、治療も簡単に済むことができます。初期の治療としては、PTMCやレーザー治療などで、自分では落としきれない汚れを落としたり、歯周病の原因である細菌を減らしたりして改善を図るといったことを行います。やはり、日頃の検診で早めの治療を行うことが大事だといえるでしょう。