歯周病治療を行ってお口の健康を保とう!日々の生活に直結

医者

早めに発見しよう

白い歯

子供の頃に、歯みがきや、歯科検診を学校で受けた人は多いでしょう。歯科クリニックへは、このようなきっかけがないと、なかなか治療へと足を運びません。自覚症状がない場合は、日頃生活していて困ることはないですし、そうであれば、虫歯の治療などを気にすることもないでしょう。しかし、自覚症状がなくても虫歯が進行していることもあるのです。子供の頃は、虫歯になったら歯が痛くなるような自覚症状が出やすいのですが、大人の歯はなかなか自覚症状が出にくいといわれています。そのため、定期的に歯科検診と治療を行うことが、健康な歯を保つためには重要です。大人になると虫歯の自覚症状がなくなる要因にひとつは、歯の質の変化が考えられます。子供の歯はエナメル質が薄くて虫歯菌が侵入しやすく、神経のすぐ近くまで虫歯が到達してしまうのです。しかし、大人の歯はエナメル質が厚いため、虫歯菌がすぐに侵入できません。しかも、象牙質の部分も分厚くなり、神経がある空洞の部分が小さくなっていきます。そのため、虫歯菌が神経まですぐには届かないようになっているのです。

しかし、痛みがないといっても、虫歯菌は進行を続けていて、なくなることはありません。しっかりと歯みがきをしていないと、最終的には神経まで到達してしまい、重症化します。最初に気付かない分、自覚症状が出た時には、かなり悪化しているといった怖さがあるのが大人の虫歯なのです。そのため、定期的な歯科検診によって虫歯を早期に見つけ、早めの治療を行うことはとても大切です。